POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

【non-noステージ】西野七瀬と渡邉理佐がペアランウェイでスタート【GirlsAward 2017 A/W】

左:渡邉理佐 右:西野七瀬

16日(土)、幕張メッセで開催された『Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN / WINTER』の目玉の1つである「non-no」ステージでは「Two Faces」とコラボレーション。

西野七瀬、渡邉理佐のペアランウェイでスタートし、新木優子や鈴木友菜、鈴木優華、馬場ふみからが続々登場。オフィスでは人よりちょっとオシャレに、会社を出たらもっと華やかに、昼も夜も楽しみたい、そんな欲張りなTokyo女子に向けたTwo Facesのブランドのコンセプトである“Tokyoリアル”を体現した華やかなコーデが続く。ステージラストを飾るのはオールインワンにファーのアクセントが効いた上品な大人コーデの新川優愛。ランウェイウォーク後にはステージに出演したnon-noモデルが全員登場し、新川が新木らとともに最新号の見どころを紹介した。

◆GirlsAwardとは

GirlsAwardは、2010年に第1回目“GirlsAward 2010 SPRING/SUMMER”を開催して以来、年2回代々木第一体育館を拠点とし、日本最大級のファッション&音楽イベントを『渋谷からアジアへ。そして世界へ。』というスローガンの下、政府機関や自治体などの支援を受け開催されている。第16回目となる今回は、同イベント初となる新天地の幕張メッセに場所を移し、さらなるパワーアップをしての開催となった。

Return Top