Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

モーニング娘。’18のリーダー譜久村聖がメガネをかけながらのパフォーマンスを明言【第31回メガネベストドレッサー賞】

左から譜久村聖、飯窪春菜、森戸知沙希、久保玲奈、牧野真莉愛、小田さくら

22日(月)、都内で行われた「第31回メガネベストドレッサー賞 表彰式」にアイドルグループのモーニング娘。’18が出席した。モーニング娘。’18からは譜久村聖、飯窪春菜、小田さくら、牧野真莉愛、横山玲奈、森戸知沙希の6名が「メガネ選抜」として選出され、<今後、メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」が授与された。

トロフィーを授与された 飯窪春菜

受賞を受け、リーダーの譜久村は「この度は素敵な賞を頂き、モーニング娘。’18一同心より感謝致します」と笑顔で喜びの挨拶。メガネとの出会いについて、譜久村は「小学2年生の時に可愛いメガネケースを見つけて、将来絶対メガネかけるから買って。」と母親にメガネケースをねだったことを告白。「メガネを購入してから3年後に運よく視力が弱くなり、必需品になりました」と自虐トークでメンバー含め会場を笑顔にしていた。また、「今後はメガネをかけながら全員でパフォーマンスをするということを今後の夢にしていきたい」と語り、今後メガネでのダンスパフォーマンスに期待を寄せた。

「日本 メガネ ベストドレッサー賞」は日本最大のメガネ国際商談展IOFT(国際メガネ展)の開催にあわせて、業界関係者からの支持にもとづき「各界でメガネの最も似合う人、今後メガネをかけてほしい人を表彰する賞」を選出するもの。芸能界部門に豊川悦二、文化会部門に加藤綾子、サングラス部門にダレノガレ明美、政界部門に石井啓一、経済界部門に似鳥昭雄らが選出された。

Return Top