Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

欅坂46 菅井友香がメガネ初体験を告白【第30回日本メガネベストドレッサー賞 表彰式】

左から土生瑞穂、小林由依、菅井友香、守屋茜、長濱ねる

アイドルグループ欅坂46が11日(水)、都内で行われた『第30回日本メガネベストドレッサー賞』表彰式に出席した。欅坂46は<今後、メガネをかけて欲しい人>が表彰される『メガネ特別賞』が与えられた。表彰式には今回のために特別に選抜された『欅坂46 メガネ選抜』と題して、小林由依、菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、長濱ねるの5名が選抜された。

菅井友香

メガネ特別賞表彰を受け、欅坂46の代表としてキャプテンの菅井が「本当に光栄です」と喜びのスピーチ。

メガネ初体験は「中学2年生の頃」と明かすと、「席替えで一番後ろの席になり、文字が見えづらくなってしまった事で父親とメガネを買いに行った」と当時のエピソードを展開。メガネを購入してからは「授業中、つける度にワクワクしていた」とニッコリ、普段は家でメガネをかけていることも告白していた。今回メガネに携わり、実用的でおしゃれなメガネがたくさんある事を知った事から、「これからはファッションの1つとしてもメガネをとり入れていきたい」とメガネに対する愛着がより一層湧いたよう。最後に、10月25日に発売される5枚目ニューシングル「風に吹かれても」では、メンバーの平手友梨奈がスーツ姿でメガネをかけていることから「みなさん是非見てみて下さい」と新曲のPRした。

Return Top