Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

道端アンジェリカが結婚式の思い出を披露

モデルでタレントの道端アンジェリカが8月24日(土)、今回で23回目を迎えるウエディングイベント「ウエコレ コンセプトウェディングイベント」に出席した。

◆CRAZY WEDDING Presents:模擬人前式、 道端 アンジェリカさんドレスショー
今回のイベントはステージイベントのSNS配信やオンライン相談会など、 会場に足を運ばなくても参加できるネット展開を組み合わせたウエコレで初めての試みとなっています。 目玉コンテンツの一つである洋装と和装を比べられる「模擬人前式」は、 「ほしあかり」をコンセプトに、 美しく優しい星空を表現した会場装飾の中で行われました。 静かに読み上げられる誓いの言葉、 指輪交換、 誓いのキスと、 本番さながらのセレモニーに全員がうっとりと見入りました。 そしてウェディングドレス姿の道端 アンジェリカさんが登場。 シンプルながら女性らしさを引き立てるバックスタイルがお気に入りという【IWAI produced by CRAZY WEDDINGオリジナルドレス】をセレクトした道端さんは、 ほほえみながら姿を見せるとしなやかな足取りでランウェイを歩き、 会場のプレ花嫁たちを魅了しました。 イベントの最後には、 道端さんご自身が会場のお客様に呼びかけ、 ブーケトスを行いました。

◆結婚式で大切にしたいのは、 二人でイメージを合わせていくこと
ドレスショーでは圧倒的なスタイルとまぶしい笑顔でモデルの顔を見せてくれた道端さん。 イベント後のトークショーで模擬挙式を見た感想を聞かれると、 「やっぱり素敵ですよね。 私の結婚式のことを思い出しました。 なつかしい!」と自然体の笑顔で語ってくれました。 こだわりの詰まったハワイ挙式が大きな話題となりましたが、 式場選びのポイントについては「チャペルに昔ながらの雰囲気があって、 どちらかというとヴィンテージな印象で。 私の好きなクラシカルなイメージと合ったのが大きかったです。 もともと大自然の中でやりたいという思いがあって、 ハワイは、 パワーをもらえる大好きな土地だったので」と語りました。

結婚式については「自分のこだわりだけでなく、 相手の考えていることも聞いて、 両方のイメージを合わせていくのが大事だなって。 だから二人でテーマを話し合う時間が本当に大切。 私はマタニティウェディングを選んだのですが、 旦那さんからは『ベストのスタイルのときじゃなくていいの?』と言われました。 でも、 いつもと違う、 そのときしかできないからこそ思い出に残したい、 というのがあって、 あえて一番おなかが目立つときを選びました。 本当にパンパンでした(笑)。 二人だけのハワイ挙式のあとに日本で人前式をしましたが、 とにかく楽しい式にしたくて、 自分自身が楽しむというよりは、 ゲストにいかに楽しんでもらうか、 というのをすごく考えました。 コース料理でかしこまった雰囲気になるのは私らしくないかなと感じて、 ガーデンで、 ブッフェ形式で、 好きなように食べて飲んで踊っていってね!って、 本当にパーティみたいなスタイルで。 すごく楽しくて、 やってよかった!」と笑顔で振り返りました。 挙式の写真はまだお子さんに見せていないそうで、 「子どもが大きくなったとき、 ここにいたんだよ、 といつか見せられたら」と笑顔で語ってくれました。

◆美しさのベースは、 たくさんお水を飲み、 たっぷり寝ること
ドレス選びのポイントは、 「シンプルなスタイルが好きなので、 アクセサリーも着けず、 髪もダウンスタイルでナチュラルに。 素敵なドレスを着るだけで飾り立てなくても女性は美しく魅力的になると思います。 私の肌がジュエリーです、 という気持ちで」とこだわりを語り、 実践している美容法については「半身浴が大好き。 マグネシウムや重曹を入れてゆっくりしているとリラックスできるし、 むくみもとれてオススメです」と教えてくれました。 結婚式に向けて美容にがんばるプレ花嫁さんたちには、 「とにかくお水をたくさん飲んで、 たくさん眠ってください!お肌も髪もぜんぜん違ってきます。 たっぷりの水分と睡眠をベースに、 場合によってエステやダイエットを追加して」とアドバイス。 「式も、 ドレスも、 たくさんこだわって、 自分たちだけのステキな式にしてください!」と、 会場のプレ花嫁たちに笑顔でエールを送りました。

Return Top