POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

高杉真宙が誕生日サプライズに大興奮。人生初の握手会も経験

2日、都内で俳優の高杉真宙(20)が自身2冊目となる高杉真宙 2nd 写真集『20/7』(ワニブックス刊)の発売を記念して握手会を行った。

1年間かけて撮影した本作は7人の写真家が7つのテーマで録り下ろされたものになっており、高杉真宙の19歳から20歳までの成長がギュギュッと詰まった写真集となっている。

1年間の成長について高杉は「毎日、鏡を見て寝癖を直したりしてはいるんですがその時は全く気づくことなく、こうやって写真集として振り返った時に改めて成長を感じ取ることができました」と写真集として成長を残せることは嬉しいとコメント。

お気に入りのカットは「カバーの裏表紙」。「7人の写真家さんに撮影してもらった7枚のカットが詰まっている」とお気に入りポイントを紹介。撮影での初体験は刺青(タトゥー)を入れて写真を撮ったことを明かした。

7月4日に高杉が21歳の誕生日を迎えるにあたり、誕生日ケーキプレゼントのサプライズが行われた。開口一番「すげーー!僕じゃないですか。嬉しい」と高杉の顔写真の入ったケーキに興奮気味の様子だった。誕生日の予定を尋ねられると「(残念そうに)がっつり仕事入ってます。スケジュール確認しました。でも一人じゃないのでいいなと思って」とニッコリ。フォトセッション後、誕生日ケーキを崩してしまい「ごめんなさい、こんな綺麗なケーキなのに」と照れ笑いを見せ、ケーキを味見する場面も。プライベートでは「乗馬を頑張りたい。仕事に活かせればと」と意気込んだ。

人生初の握手会について「実感がないというか、どんな風に握手会をするのかわからないんです。想像がつかなくて、緊張するとかはなくて、どんな感じなんだろうというワクワク感の方が大きいです。楽しみです」とはにかんだ。この日、用意された写真集2500部は完売。外には長蛇の列ができており、改めてその注目の高さを伺い知ることができた。

「今回こうやって写真集を出すことができて嬉しく思います。1年間かけて撮影して頂いたのでたくさんの方に等身大の僕を見て頂きたいです」とメッセージを残しイベントを締めくくった。

Return Top