Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

野村周平、黒島結菜、平祐奈ら登壇「サクラダリセット初日舞台挨拶」

25日、都内にて行われた映画「サクラダリセット」前編の初日舞台挨拶に野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、深川栄洋監督と出席した。サクラダリセットに出てくる記憶保持能力にちなんで一番印象的で忘れない出来事を聞かれた恒松は「金髪にしたのが!!キンパツネマツにしたのが忘れられないですね。初めて私金髪にしたんですよ。下校中、通りすがりのおじいさんに『ピカチュウだ』って言われました」と嬉しそうにコメントした。野村は「本読みの時はみんな初対面で人見知りだったんですよ。俺は人見知りじゃないんですけど『おはよう!おはよう!』と声をかけても健太郎なんか『(元気ない声で)おはようございます』みたいな。『感じ悪っ!俺のこと嫌いなんかな?』とか思いました」と撮影を振り返った。健太郎は「試写やイベントでいい意味でも悪い意味でも野村くんからのイジりというか。イジメというか。時にそれがいい意味合いであったりもするんですけど、基本ちょっと辛いです。それがサクラダリセットで一番忘れないです」と胸の内を吐露し周囲の笑いを誘った。平は「泣くシーンが得意じゃないんですけど、泣くシーンが多くて困っていると深川監督が私がどうしたら涙が出るだとか全て読み取ってくださって、本番直前までそばにいてくださったりとかお芝居でどうしてここで泣くのか丁寧に教えてくださったりとか。あと私が名言にメモしたのは『本番が始まったら全てあなたのものだから』それを言われたのがすごいグッときて忘れられません。魔法の言葉でした」としみじみ語った。黒島は「私はクランクアップの日に今までにない達成感がありました。自分に頑張ったなと初めて芽生えた感情がありました」と粛々と語った。

Return Top