Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

NMB48 山本彩「卒業はまだしません」フォトエッセイ集発売記念イベント

3日、都内でアイドルグループNMB48の山本彩(23)がフォトエッセイ集「すべての理由」刊行記念お渡し会を行った。この日の服装は黒のトップスに肩出しスタイル、前がざっくりと開いた白いスカートでSEXY美脚を披露した。

アイドル、アーティスト、そして一人の女性として自分と戦い続ける、「さや姉」。「全部さらけ出します」という言葉通り、家族、音楽との出会い、NMB48の仲間たち、ソロ活動、選挙、センター、リーダー、そして卒業についてなど、知られざる本音を告白し、可愛らしさと妖艶さという山本彩の相反する魅力を切り取った撮り下ろしグラビアやリハーサル中のオフショットなども満載の初エッセイ集となっている。

タイトルの「すべての理由」ということにちなみ、どんなところをさらけ出すのかと尋ねられると山本は「アイドルというのは普段キラキラしていて、明るい部分があり楽しんでもらえるので、その逆は勇気のいることかなと思います。」とコメント。

「好奇心」を大切にしていることを問われると、「負けない自分を忘れないようにしています。周りにいるメンバーや人たちに出会って教えてもらいました」と周りの人たちへの感謝の気持ちを述べた。

NMB48は自分にとってどういう存在か尋ねられると「一人で仕事をさせてもらっている時に、みんながいるNMBに帰った時に『なんて居心地がいいんだろう』と教えてもらったりとか『こんなにもみんなに助けてもらっていたんだな』と知れて家庭みたいな感覚です」としみじみ語った。

(メンバーは)ライバルじゃないか?と切り返されると「ライバルというか、それぞれの良さを見て自分ではどうすればいいかなと考えるようになりました。最初は一人一人がライバルでした。」と振り返った。

AKBとの兼任は大変じゃないかという質問に対し「大変というか辛い時期もありましたが、後になってみてやってみて成長できてよかったなと思えました。最近は壁にぶつかってる時は成長している証拠なんだなと思うようになりました」と心境の変化があったことを明かした。

Return Top