Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

貫地谷しほりがディーン・フジオカとのキスシーンで「溺れかけた」と撮影秘話明かす

24日、映画『結婚』の初日舞台挨拶に主演のディーン・フジオカ、柊子、貫地谷しほり、萬田久子、監督の西谷真一が登壇。この日のディーンはタキシード姿で、まさに『ディーン様』の名にふさわしいいで立ちで登場し、黄色い声援を一身に浴びた。

本作は直木賞作家の井上荒野による「結婚詐欺」を題材にした長編小説「結婚」をディーン・フジオカ主演により映画化。結婚詐欺師、古海健児をディーン・フジオカが演じる。

撮影で大変だった点を聞かれるとディーンは「ピアノを弾きながらセリフを言うシーンがいちばん大変でした。あのシーンはアテフリなしの通しで撮影したのですごくやりがいのあるチャレンジでした」と撮影を振り返った。

古海とのギャップについて柊子は「ディーンさんの笑顔はみている側がつられてしまうような楽しい気持ちにさせてくれます。古海ももちろんたくさん笑顔を見せるんですけれども、同じ笑顔でも違う印象を受けたり、古海が女性を相手にしていない一人で歩いている表情にすごくギャップを感じました」と熱弁すると「素晴らしいですね。ありがとうございます」とディーンは照れ笑いをみせ、客席からは拍手が起こった。それについて萬田は「ディーンはギャップがないくらい結婚詐欺師を演じていました。上手に詐欺師ができるかもよ」と詐欺師の才能ありとお墨付きをもらっていた。貫地谷は「雨に打たれてのキスシーンで、ディーンさんが背が高いので雨がえらい口に入ってきて溺れそうでしたね」と撮影秘話を明かした。

『結婚』全国公開中
公式:http://kekkon-movie.jp
配給:KADOKAWA

©︎2017「結婚」製作委員会

Return Top