Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

三秋里歩、初日舞台挨拶でNMB48 須藤凜々花についてコメント

18日、映画『霊眼探偵カルテット』の初日舞台挨拶が都内で行われ、キャストの三秋里歩、高橋優里花、石田佳蓮、大熊杏実、川上将大、天宮良、井上正大、竹内玲音、溝口恵、小原春香、小掘裕之、鯉迫ちほ、Shinya(DIR EN GREY / SERAPH)、監督の旭正嗣が出席した。イベントでは抽選会も行われ、ファンにとってはたまらないものとなった。

三秋は「ちょうど暑くなってきて、冷んやりしたい方もたくさんおられると思うので涼しい映画館で背筋ゾクゾクして楽しんで貰えたらと思います。何回でも見にきてください」と今の季節にぴったりなのでとアピール。

高橋は「一人一人のいいところがたくさん詰まった映画となっていますので、もう一回見る時に今度はこの子に注目してみようとか思っていただけて見てくれたらいいなと思います」と挨拶。

石田は「コケコーというゴミ袋を使うシーンがあるんですけれども、そこがガチでアドリブでした。撮影中、笑いをこらえるのが大変で苦労しました。アドリブシーンに注目してもう1度見てください」と見所をアピールした。

大熊は「幽霊が見えて会話ができるという役どころなのでそこに注目して見ていただきたいです。ホラーという要素だけでなく恋愛要素も詰まっているので、たくさんの視点から見れます。また是非見にきてください」と自信の霊能力に注目してほしいと語った。

川上は「1回だけではなく、2回・3回と違う視点から見ていただけると違ったストーリーが見えてくると思いますのでまた見に来てください」

井上は「変態刑事という役どころでしたが、女子高校生好きの癖はないのでご安心ください。」と最近世間をお騒がせしているネタで笑いを誘った。

鯉迫は「刑事シーンはコミカルだったので天宮さんと井上さんと相談しながら、どうやったら面白くなるか話し合って演じましたのでそこが注目ポイントです」と語った。

溝口は「みんなとは距離のある役だったので、撮影中もあまり関わることなく壁を作っていたんですけど、普段はめちゃくちゃ明るいので喋りかけてきてください。イジメられている役立ったので喋れなくて」と役どころとのギャップをアピール。MCを務めた小掘から「うるさいなもう。黙れ、静かにしなさい」と釘を刺される場面も。

小原は「保健室の先生役だったので、監督から男子生徒を誘惑するような感じでと言われました。元AKBなので(生徒が)制服着ていて羨ましいなと思っていました。シャワーのシーンで殺されるところは見所です」と制服願望があったことを明かした。

楽曲提供にあたり苦労した点を問われるとShinyaは「元はホラー映画が苦手でしたいのシーンとかは目を覆いながら作ってました。やり終わったらホラーに免疫がついて、ちょっとだけ見れるようになりました」と可愛らしいエピソードが飛び出した。これを受けてか旭監督も「僕も実は見る側だとホラーは苦手です」と告白、周囲を驚かせた。

降段中に転んだ三秋は昨日、AKB48選抜総選挙にて結婚発表をしたNMB48の須藤凜々花について「私も結婚したいです。驚きました。(中継を)見ていたんですが、えってなった」とコメントし、発表の衝撃を述べた。最後に「みんなのLINEが消えちゃったんです。御免なさい」と語り会場を後にした。

本作は「霊眼探偵カルテット」のリーダー森川アイカ役に映画初主演となる元NMB48の三秋里歩が熱演。「霊眼探偵カルテット」メンバーには元乙女新党から高橋優里花、元アイドリング!!!の石田佳蓮、期待の新人女優の大熊杏実が脇を固める。また、<クリムゾン・ムーン>のボーカル、西野キョウヘイ役を辻涼、「仮面ライダーディケイド」の井上正大が出演。音楽はDIR EN GREY / SPRAPHのShinyaが手がける。

Return Top