POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

新木優子「写真集の出来は120点。話題のドラマ出演で街中で声かけられることも」実感わく

女優・モデルの新木優子(24)が自身初となる新木優子 1st 写真集『ガールフレンド』の発売を記念して、イベントの前に囲み取材に応じた。イベントに参加した人数は1000名と今最も注目される女優の人気の高さをうかがい知ることができた。

新木は現在放送中のフジテレビ系ドラマ『コード・ブルー・ドクターヘリ緊急救命-3rd season』に出演。積極的で物おじしない行動力があり、医療ドラマに憧れ医師を目指したという『横峯あかり役』を好演している。また、ノンノ専属モデルとしても活躍、ガストのCMでもお馴染みとなっている今注目の若手女優のひとりだ。

写真集の出来栄えについて新木は「120点!」と大満足のご様子。お気に入りのカットは「真っ赤なドレスワンピース」と語る。表紙の文字は新木の手書きによるもの。「私らしく自然体になるように」との思いからサインし「意外としっくりした」とご満悦の様子だった。

写真集について「自然な私らしさが出せた」と笑顔でコメントする新木は、見所について「女子が見ると一緒に旅に出ている感じ。男子が見ると大人数で友達と旅行している妄想できる写真集」とアピールした。

スペインではバルセロナの街がよっぽど気に入ったようで「バルセロナでの撮影は自然体でいることができて、食べ物も美味しかった。もう一度行きたいと街を聞かれれば間違いなくはバルセロナと答えます」と目を輝かせた。

撮影時の思い出は「以前、バルセロナに行った時はお酒を飲めなかっったが、今回はお酒を楽しめました」中でもサングリアが美味しく、「フルーツがたくさん入っていてジュースのようだった」と大人スペインを満喫したようだ。

女優とモデルの違いについて「女優をやっている時は役に寄せる感じ。写真集の場合は私らしく。何をしても自分らしさが出れば素敵な作品になるという思いがあった」と説明。

表紙エピソードについて問われると「海辺の撮影シーンは3月だったので、すごい楽しそうに写っているが、実はすごく寒く冷たくて」と撮影を振り返った。

今回、肌の露出に挑戦した新木は最近話題のモデルとグラビアを兼任する「モグラ女子」について、記者から今後グラビア進出はあるかという質問に対し「興味はないです」とキッパリ。

次回作については「20代後半に出すことになると思うので色気が出る、艶っぽい写真集が出せればいいと思います」と期待をのぞかせた。

最近はドラマ出演が増え、街中で男性ファンから声をかけられる事もあるとのことで「知ってもらえて、(知名度が上がっている事を)ヒシヒシと感じています」とニッコリ。コード・ブルーで共演する山下智久について「素敵です」とコメントすると、「シーズン1から見ていたコードブルーシリーズに出演することでいろんな方から祝福のメッセージを頂きました」と感謝の気持ちを述べた。挑戦してみたい役を医者と告白すると「今回、コードブルーで医者という役を演じることができ嬉しい」、今後の目標は「いろいろな作品に出させてもらい、自分の演技に納得できる女優になりたい」と女優としての志を示した。

新木優子1 1st 1写真集『ガールフレンド』
SDP公式ページ:http://www.stardustpictures.co.jp/book/2017/araki_event.html
新木優子オフィシャルInstagram:@yuuuuukko_

Return Top