POP WAVE | ポップな波を感じれるエンタメディア

美山加恋「胸を張ってこの作品が一番星」プリキュアドリームスターズ!初日舞台挨拶

18日、映画「プリキュアドリームスターズ!」初日舞台挨拶に美山加恋、福原遥、木村佳乃、村中知、藤田咲、森なな子、キュアホイップ、キュアカスタード、キュアジェラート、キュアマカロン、キュアショコラが登壇した。この日は映画シリーズ初となる『和の世界観』にちなんで全員華やかな和服姿で登場し壇上もソメイヨシノで彩られた。

初日の感想を美山は「ホイップの格好してくださっているお子さんがいてくれてすごい嬉しいです。ありがとうございます。この作品ではいろいろなことに挑戦していて、特にCG部分が凄く長いんですけど、この部分はスタッフさんが気合を入れて時間をかけて作っているので本当に素敵な作品になったなと思っています。今週末いろいろなアニメ作品が公開されますけど、胸を張ってこの作品が一番星だと思っていますので是非たくさんの方に頂ければなと思っています」と自信をのぞかせた。

福原は「本日はお越しいただきありがとうございます。みなさんどうでしたか?(拍手)泣いた方いますか?すごーい、心が綺麗なんですね(笑)。私たちもアフレコしている時に泣きそうになりまして、素敵な作品だなと台本を読んだときに心から思ったので『はやく映画館で見たいな』とソワソワしているんですけど、こんなにたくさんの方が来てくださって『感動した』って言ってくださって本当に嬉しいなって思います。皆さん、またいろんな人に『面白かったよ』って宣伝してたくさんの方に見ていただけたら嬉しいなと思います。本日はよろしくお願いします」と公開される喜びを語った。

木村は「残念ながらシズクという役は映画だけのキャラクターなんですが、ぜひこれを期にたまに出させていただけたらと思います(拍手)。子供に向けての作品だと思いますが、殿方も見てくださいますしプリキュアの中のメッセージというものが皆さんの心にストレートに訴えかけるものがあるのかなと思っていて、綺麗なハートを持った方がプリキュアが大好きなんだと思って私も本当にプリキュアのファンです。一緒に応援しましょう」と監督にアピールすることも忘れなかった。

先日出演したミュージックステーションでエンディングテーマの「君を呼ぶ場所」を披露したことについて聞かれると「とっても緊張したんですけど、ホイップが一緒に来てくれたんだよね~いっしょに踊ってくれたんです」と満面の笑顔でホイップとやりとりをすると「わ~」と共演者も祝福した。

この日、福原は「私事なんですが今日、高校を卒業したんですよ。でも(卒業式に出ずに)ここに来ちゃったんですけど」と高校卒業を報告。「(私が)卒業式に出られないから、同級生たちがサプライズで卒業式をしてくれたんですよ。私、大泣きしちゃって……」とエピソードを明かした。

「プリキュア」劇場版のシリーズ通算22作目で、前年までに毎春公開されていた「プリキュアオールスターズ」シリーズを一新し、新たに最新3作品のプリキュアが集結する劇場版。2017年2月放送開始の「キラキラ☆プリキュアアラモード」と、「魔法つかいプリキュア!」(16)、「GO!プリンセスプリキュア!」(15)の総勢12人のプリキュアたちの活躍を描く。キュアホイップとして奮闘する宇佐美いちかの前に、「桜が原」という異世界からやって来た謎の少女サクラが現われる。彼女は悪の鴉天狗に連れ去られた大切な友だち・狐のシズクを取り返すため、「スイーツ」「宝石」「鍵」のプリキュアたちを探しているという。いちかとプリキュアたちは、サクラを助けるため桜が原へ向かうが……。女優の木村佳乃が狐のシズクの声とエンディングテーマ曲を担当し、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太が鴉天狗の声を務める。

LEAVE A REPLY

*

Return Top